Duolingoの挫折させないUX

こんにちは!
セブ島へ1ヶ月語学留学したにも関わらず
「Yes」「Maybe」「This one」「You're crazy」
以外の英語が喋れないまま帰国した寿福です。

高校受験までは楽しく英語の勉強をしていたのに、高校に入学してからはめっきりついていけない+苦手意識が植え付けられ「どうせ自分が社会人になる頃には即時翻訳アプリとかが出るもん」と逃げ続けてきました。

確かに、技術の進歩は著しいですが
セブ島で唯一学んだことは
「翻訳には多少なりともタイムラグがあるので心の距離が縮まらない」
という事実でした。

現に今チームに2人英語がメイン言語の社員さんがいますが、飲み会に行っても顔芸でしか意思疎通ができなくて正直辛いです。

と、いうことで今度こそ逃げずに英語を勉強するぞ!と思い立ち数々の英語学習アプリをダウンロードしたところ一番UXが自分に沿っていたのが「Duolingo」というアプリだったので今回はそのUXについて深ぼっていきたいと思います!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-11-51-57

何回復習して脳に焼き付けるかが勝負

これは英語が得意な人にもらったアドバイスです。
そう、上っ面英語勉強厨にありがちなこと

「記憶が新しいだけで身についた感覚になる」

このUX、体験したことのある方は少なくないと思います。まずその障壁をぶち壊すよう促されるUIがこちら。

duolingo_1

この「記憶バー」です。
この記憶バー、まだ私は駆け出しなので満タンですが、時が過ぎるごとになんとゲージが減っていきます。
きっと1か月くらいで記憶バーのゲージが0になり「復習は?」と視覚的に訴えてきます。
これは記憶定着を目的としたUXに基づいたUIだと思います。

その他にも

「似たような文法で攻め続けられる」

duolingo_2

1レッスンの間、執拗に似たような文法で攻め続けられるため記憶に残り、ふとした拍子に「You love me」と発言してしまうほどです。

duolingo_3

そして間違えました。

・日本語並べ替え
・英語並べ替え
・英語筆記
・発音

が主なレッスン内容になっていて、間違え続けると永遠とレッスンから抜けられなくなります。そこでまた記憶が定着していきます。
1レッスン約10問ほどで、1問間違うたびに1問追加される仕様なのですが、比較的にとても基礎な文法なため離脱しよ...という温度感じゃなくクソ!また間違えた!まあもう直ぐ終わるし頑張ろ!という感覚になります。
手のひらの上で転がされています。

発音できない環境を想定しての配慮

レッスン内容で唯一環境を選ぶ「発音テスト」
そこに与えられた選択肢「後で」

duolingo_4

「後で」をタップすると直近1時間は発音に関する問題は出てこなくなります。
この環境UXを想定できていないと発音問題は確実に間違い、また1問追加される..を繰り返すBAD UXになりかねません。

あとは、「レッスンばっかりじゃつまらない!」「本当に実力ついてるのかな..?」「ヒアリングやライティングももっと鍛えたい!」というUXを満たすための機能もあります。

duolingo_5

無限にネイティブ発音を聞きながらライティング特訓ができるこの機能は、「いきなりネイティブな速さでも聴き取れないよ..もういいや。諦めよう」という私のようなゆとり世代でも歩幅を合わせて学べるように低速発音切り替えボタン(亀ボタン)が設置されています。
テスト機能は、ゲーミフィケーション要素(持ちHP3つ)により、最後まで到達したい欲を掻き立てます。
これぞまさにUXに基づいたUI設計ですね。
そして最後に

継続、そして達成感

うっ..火曜日サボってるのがバレる。。ていうか、火曜日もちゃんと1レッスン受けたのに!!

duolingo_6

そうです、このアプリは毎日コツコツ続けることを推奨してくるので、サボると制裁が降ります。(サボったことを毎レッスン後つきつけられる)

さて、なぜ火曜日1レッスン受けたのにサボったことになっているかというと、「+10XP」という表記に注目です。
これは、1レッスンあたりの獲得ポイント数で、私はどうやら1日20XP以上という目標設定にしていたようです。

duolingo_7

こっそりカジュアル設定に変えることにします。
このように、「毎日続けること」前提で「自身のノルマを選択できる」というUX体験は非常にありがたいです。

以上、何かと理由をつけて勉強をおろそかにするターゲットユーザーのことを考え抜いたUXのご紹介でした。
Thank you for reading to the end!