Frontend de KANPAI ! 第一回お越し頂き
ありがとうございました

6/21 (水) に弊社渋谷オフィスにて開催させていただきました Frontend de KANAPI! にご応募&お越し戴いた方々ありがとうございました。

そして今回の計 10 名の方々に「これからフロントエンドに求められる力」というテーマの中で様々な内容をご紹介いただきました。

・キャリアやマインドについて
・プログラムの設計について
・様々なツールやライブラリの紹介
・グラフィックス・演出について

多岐に渡る内容で、フロントエンドの領域の広さを改めて認識いたしました。

当日の内容について

connpass でも共有済みですが、こちらでもスライド資料の掲載をさせて戴きます。
(非掲載のスライドもあります。ご容赦ください)

あと3年フロントエンドでやる力

株式会社ディー・エヌ・エー 遠藤 直樹

FrontEnd:DDD

株式会社ディー・エヌ・エー 吉井 健文

MobXではじめるReactiveアーキテクチャ

株式会社ピクセルグリッド 杉浦 有右嗣さん

この先生きのこるためのPostCSS実践入門

株式会社ディー・エヌ・エー 藤原 慎太郎

WEBフロントエンドで大切なことは全てAUDITSが教えてくれた

株式会社サイバーエージェント 佐藤 歩さん

今日からはじめるSHADER

SHIFTBRAIN Inc. 安友 裕秋さん

Hello, Fire!

TRILL株式会社 姜 信徳さん

AndroidとWeb

株式会社なすび 菅沼 辰弥さん

フロントエンドを1つの職能として見た時

ヤフー株式会社 森本 恭平さん
資料ございません

あと16年活躍しようと思います

株式会社ディー・エヌ・エー 竹口 茂樹
資料ございません

じゃんけん大会

それと今回の開催案内をご覧いただいた、技術評論社さまから「Webフロントエンドハイパフォーマンスチューニング(久保田光則著)」を献本いただきましたので、懇親会後の最後にじゃんけん大会を行い、勝者1名様にプレゼントさせていただきました。

技術評論社さま、会に華を持たせていただきありがとうございました!

反省点と今後について

発表いただいた内容はとても興味深く多岐にわたっており、素晴らしいものだったと思います。
それだけに運営側で反省しないといけないことがいくつかあったなと開催翌日に振り返りを行いました。

  1. ゆるく飲みながらトークを聞いたり、ワイワイするためのコンセプトを実現するための演出や配慮・当日のカバーが足りなかった点
  2. 飲食のご用意がが少なかった点
    の 2 点が大きな反省点としてあげられました。

1 つめは、登壇される方も「みんな飲んでます?」と煽っていただいたり「もっとみんなワイワイガヤガヤしていると思ってた」とおっしゃられていたり、逆に聴講された方には「発表しているにもかかわらず大きな声でガヤガヤしている人がいてうるさい」との声が少なくない数としてありました。

どういう会にしたいかというコンセプトに対して、当日行うべきことができていなかった点、スタッフ同士の連携がいまいちできていなかった点、非スタッフの社員へすみやかに連絡するといったことができていなかった点、マイクの設備上の限界、当日の演出など、問題点はいくつもあり、その場での立て直しもできていなかったのが最大の反省点でした。

2 つめ、飲食のご用意については、全然見積もりが甘かったと。。弊社人事部が場の様子を見て、走って追加確保してくださいましたのですが、足りなかったですね。次回は予算がもっと出そう、ということで頑張りたいと思います。(寿司とかどうなんでしょうかね・・・)

ブログ

本日時点で、ご来場いただいた方でブログを書いていただいた方のブログエントリーもリンクさせていただきます。率直に「良かった」というエントリーと、貴重なご意見を書いていただいているエントリーがありました。参考にさせていただき、改善していきます。

それにしても当日現場でお酒を飲みながらエントリーを投下されて居る方には大変驚愕でした・・・。

NEXT

雨のなか大変な数の方に来ていただいていました。今回の整理と見直し、次回開催が確定次第ご案内いたしますので、 connpass グループへのご登録よろしければお願いいたします。
次回は 10 月ごろ(おそらく)に、また違ったプログラムでお届けしたいと考えています。

それと共同で開催させていただくといった、企業の方も是非と思っており、その場合も connpass 等で運営へご連絡いただければと存じます。
こう言ったイベントに対してノウハウの強みがあるフロントエンドエンジニアの方に、是非アドバイスいただきたいです。

またドリンクを手にしてゆるく交流、技術交換しましょう。引き続きよろしくお願いします! #frokan